商品入荷しました!&豆知識

昨日、お客様よりご注文頂いた照明器具が入荷し、

無事お客様のもとへ納品させていただきました!

 

今回はろうそく明かりのようなほのかな明かりを演出する

ランプシェードをメインに商品をチョイス。

リノベーションしたご住宅の雰囲気に合わせてお客様と選びました。

 

一番左上の写真は引掛シーリングのカバーとなるローゼット。

ミルクガラスのシェードは、ランプの明かりを柔らかく演出する効果があります。

 

落ち着いた明かりとデザイン性のあるシェードで、

室内の雰囲気もぐっとおしゃれになります。

 

住空間を演出する要素として、照明は重要なポイントになります。

照明器具はもちろんですが、取り付け位置や明るさ、

設置する数などは、住宅のプランニングの段階で

しっかり打ち合わをしておくことをお勧めします。

 

例えばダイニングテーブルの上にはペンダントを3灯吊るしたい!

という場合、それぞれ天井から吊るす方法と、

レールを付けてそのレールから3灯吊るすという方法があります。

 

この場合、一見同じ3灯ですが、

それぞれ吊るす場合は配線が3つ必要ですが、

レールの場合は配線は1つでOKです。

 

あるいは、リビングにダウンライトを多灯使いしたい!

という場合、生活のシーン

(例えば団らんの時間、くつろぎの時間など)にあわせて

ゾーン別に回路を分けておくと、シーンごとに

違った演出が出来て居心地の良い空間を作り出す事が出来ます。

 

多灯使いにして回路を分けるというのは、

必要な時に必要な分だけ点灯することができるので、

省エネの面でもメリットがあります。

 

ただ、多灯というだけあって、配線工事は増えますので、

配線コストもアップしてしまいますのでご注意下さい!

 

というように、照明器具の使い方によって、

配線工事が変わりますので、

工事が始まる前に、どのような照明を使いたいのか、

どのように明かりの演出をしたいのかをイメージして

打ち合わせをしていくことをお勧めします!

 

 

0 コメント

黒板シェルフ作ってみました!

黒板シェルフ1

乾くと黒板になるペンキ。

今回はブルーを使用します。

黒板シェルフ2

早速まずはブルーの黒板塗料を塗って行きます

黒板シェルフ3

背面を乾かしている間に

次はフレームの方を塗って行きます。

黒板シェルフ4

フレームには水性のペンキ。

イギリス生まれのFarrow&Ballというペンキを使いました。

においがぜんぜんしません。

塗り心地も、黒板塗料とは違ってもう少しサラサラしています。

黒板シェルフ5

フチの方まで塗り終えたら

乾かしていきます。

黒板シェルフ6

フレームを乾かしている間に

黒板になる方を2度塗りし

奇麗に仕上げます。

黒板シェルフ7

すべて乾いたらねじで組み立てて

あっという間に完成。

ウッドピンチ

 

 

 

 

 

 

乾くのを待つ間に、こんなものにも

ペイントしてもいいかも。。。と考え中です。

0 コメント

オープン記念イベントのタイムスケジュール決定!

皆様こんにちは!

先日告知させて頂いたオープンイベントの

タイムスケジュールが決まりました!

 

二日間とも午前11時からトークイベント、

午後13時からDIYイベントを開催致します。

 

イベント以外の時間はもちろん、

イベント中でも店内をご覧頂けますので、

イベントに参加されない方でも、

どうぞお気軽にご来店下さい!

 

詳しくはSHOPページにアップしましたので、

併せてご覧頂ければ幸いです。

 

 

今日はイベントの準備でいろいろ調べものをしたり、

買い出しに行ったり。時間があっという間に過ぎて行きました(笑)

 

店内では、当社がどのような家をつくるのかを

少しでも感じて頂けるような空間づくりを考えています。

 

是非皆さんに見に来て頂きたいです♩

 

0 コメント

T-meisオープン記念イベント開催!

イベント告知

※イメージ写真

今年2月に開業し、5月に事務所を開設して、

そして8月にT-meis初のイベントを開催させて頂く事になりました。

 

建築のお仕事を始めて18年もの間、お客様はもちろん、

いろいろな方々にお世話りながらここまで来ました。

 

この地で開業する事ができたのも、そんな皆様のお陰だと

心から感謝しております。

 

今回は、T-meisにとっての初イベントです。

いろいろな想いが巡りますが、

感謝の気持ちと新たなスタートへの期待を胸に

皆様に喜んでいただけるようなイベントにしたいと思っています。

 

詳しくはshopのペーシをご覧頂きまして、

是非、多くの皆様にお越し頂きたいと願っております。

 

皆様のお越しを心よりお待ち致しております!

 

 

 

0 コメント

家の燃費がわかる?

今日は午後から設計関連のセミナー、夜は所属する団体

「とかちの木で家をつくる会」の例会に参加。

ということで、ほぼ一日お勉強会!といった感じの日でした(笑)

 

ここ最近はセミナーや講演会、所属団体の例会などなど、

外に出て人にあう機会も増えていますが、

久しぶりに会う同業者の方や、

異業種の方との新たな出会いがあったりして、

それだけでも来てよかったな〜と思える事がしばしばです。

そういった意味でも、今日はいい日でした!

 

設計のセミナーでは興味深い話が盛りだくさん。

外皮計算や一次エネルギー計算、低炭素認定や性能評価などなど。

わかりやすくいうと、住宅の省エネ性を評価するというお話です。

 

でも、この言葉を聞いて何の事だかすぐにわかる一般の方は

どれぐらいいるのかな〜と思いながら、

どのように伝えたら皆さんにわかってもらえるのだろう、

なんて事を考えていました。

 

きっと建設業のみなさんは、難しい計算を一生懸命されて、

少しでも性能の良い住宅を造ろうと努力されていると思います。

私もその一人です(計算苦手ですが(苦笑))

 

ただ、自分たちだけがわかるのではなく、

車の燃費みたいに、住宅もお客様に一目瞭然で燃費がわかるような

仕組みが出来ればいいなと思っていました。

 

すると、今日の配布資料の中に、

「エネルギーパス」という名の資料がありました。

エネルギーパスとは、わかりやすく言うと

家の燃費を評価する指標です。

 

私は以前からドイツの家づくりに興味があり、

ドイツの住宅の性能について少し勉強した経緯がありました。

 

その時に、このエネルギーパス制度がドイツで導入されている事を知り、

日本でも計算出来るソフトがあるのは知っていました。

 

でもその時はまだまだ日本で認知されるには時間がかかりそうだな

と思ってましたし、認証制度もなかったと思います。

 

なので、今回このような認証があることを知り、

お客様にわかりやすい家づくりが出来るヒントを得た気がして

少しわくわくして帰ってきました。

 

ただ、この認証はお金もかかりますし、

色々なハードルはあるとは思いますが、

まずは、家の燃費をお客様にわかって頂けるツールがある!

という事がわかった事だけでも、今日の収穫になったかなと思います。

 

 

一次エネルギー計算

 

住宅を設計する際には、さまざまな計算が必要で

クリアしなければ行けない基準値も設定されています。

基準値をクリアすることは当然ですが、

その基準値をはるかに超える数値がだせるような設計もしていきたいです。

きっと予想以上の数値がでたらテンションあがるだろうな〜(笑)

 

これからもテンションあがる住宅を創れるように頑張ります!

そしてエネルギーについて少しでもわかりやすく

お客様にお伝えできるようにしていきたいと思います。

0 コメント